消費者金融の総量規制にひっかかったときの体験談

グレーゾーン金利が廃止になってから、消費者金融に総量規制が適用になるようになりました。5万借りる方法はあるでしょうか。
総量規制にひっかかったのは、2件目の申し込みをしたときでした。
しかし、最初の消費者金融で年収の3分の1近くをすでに借り入れていたため、2件目で借りることはできなかったのです。
当初はそれぞれの消費者金融の借入を年収の3分の1以内に収めればいいと考えていましたが、あとから各社の総借入額で計算することがわかりました。
最初の借入で年収のほぼ3分の1まで借りていたので、2件目は審査に通過できませんでした。

あとから調べてみると、総量規制の対象となるのは消費者金融のキャッシングとカードローンだそうです。
目的ローンは例外なので、おまとめ専用ローンや事業ローンなどは対象外になるそうです。
キャッシングなどは消費目的のローンなので、借入できる金額に制限があるのでしょう。
多目的ローンは借りすぎの心配があるので、グレーゾーンが廃止されたころから貸付制限が生まれたようです。
グレーゾーンが黙認されていた当時は金利も高くて、借りすぎ・使いすぎが問題となっていました。

2件目の消費者金融に申し込んだ理由は、1件目で追加融資を受けられなくなったからです。
今考えてみれば追加で借りられない時点で、年収の3分の1に近かったからでしょう。
自身の年収は320万円で、キャッシングの借入は100万円ほどありました。
年収の3分の1なら正確には105万円は可能でしょうが、中途半端な金額になってしまうので100万円で落ち着いたのでしょう。